東京都亜熱帯区をサイクリング  民芸織物「黄八丈」の魅惑

Tokyo subtropical region Hachijoujima island.  The beauty ofKihachijou.
 
羽田から飛行機だとあっという間の50分ほどでいける南国の島「八丈島」。東海汽船に竹芝桟橋からのれば10時間ほど、夜10時に出発して朝9時頃には着くので船旅も魅力。
ハイビスカスの花が咲く島は亜熱帯気候のよう。八丈島は2つの島がいっしょになったような地形でひょっこりひょうたん島のモデルだったのではないかと思えるほどそっくり。
八丈富士をくるりと一周するコースは海の景色も最高でビギナーにもオススメ。黄八丈のお話が聞ける民芸店では織物の体験も。木の皮をはぎ泥につけたり川で洗ったりしながら染め付けた糸を気が遠くなるような工程を経て織られていく黄八丈です。
もう一つは三原山のコース、登龍峠のあたりがヒルクライムポイントで絶景の大海原を見ながら走れるコース。温泉が随所にあってそれぞれ個性的で地元の方々も利用する普段着の温泉、そして絶景の大海原を見ながら入る足湯も楽しめます。亜熱帯の植物に囲まれてのサイクリングです。
 
 
 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

黄八丈の工房を訪ねるコース  難易度 ★
今回は民芸あき、民芸やましたを訪ねました。
ビギナーにもオススメの楽しいコースです。

チャレンジ登龍峠ヒルクライム 温泉ざんまい 難易度 ★★★
みはらしの湯の近くの足湯から眺める絶景の大海原がすごいです。

八丈富士鉢巻道路からの絶景  ★★
太平洋をぐるりと見渡し八丈小島をまじかに眺めます。